お知らせ

東京システムハウス社製K2CryptoLib(KCipher2 暗号ライブラリ)の販売を開始

データテクノロジー株式会社(東京、代表:渡邊 和彦)と東京システムハウス株式会社(東京、代表:林 知之)は、組込み製品開発を行うお客様に従来より提供しているミドルウェアCente(セント)シリーズと共に、より強固なセキュリティ機能の提供を目的として、2015年2月1日に販売店契約を締結いたしました。
主にIT機器が接続されていたインターネットに様々な機器(モノ)が接続されるようになり、インターネットでアクセス可能なデータがよりプライベートになります。
大切なデータの「盗み見」、「改ざん」等の脅威から守るため、データテクノロジー株式会社は東京システムハウス株式会社のK2CryptoLibのライセンス販売及び、K2CryptoLibを使用したシステム提案を推進して参ります。

 

・東京システムハウス株式会社について
システム開発、コンサルティング、モバイル分野の先進技術の製品開発をはじめ、KDDI研究所の協力を得たビジネス創造組織KT-NETの運営などを手がける。
暗号技術関連製品として、K2filemanager(スマホ向け暗号製品)等がある。

・K2CryptoLibについて
K2CryptoLibは暗号に必要なソフトウェアを収容したライブラリです。
収容暗号はKCipher-2(ストリーム暗号)です。KCipher-2を有効に使用するため、鍵の動的生成技術(特許第5586758号) の機能モジュールを同梱しています。
KCipher-2はKDDI研究所と九州大学が共同開発した技術で、電子政府推奨暗号(CRYPTREC)に選定されています。

・データテクノロジー株式会社について
データテクノロジーは組込み開発現場へ自社ブランドの組込みミドルウェア(Cente)を始め、最適な開発環境や開発支援ツール製品・サービスを提供する専門企業です。

本リリースに関するお問い合わせ
データテクノロジー株式会社  事業推進部  奥山 尚志
電話: 042-523-1177
メール:sales@datec.co.jp

東京システムハウス株式会社 西原 由貴雄
電話: 03-3493-5761
メール:ks_sales@tsh-world.co.jp