データテクノロジーのIoTソリューション


SenSu・みまわり伝書鳩(自社製品)【データ表示機能比較表】

気象観測データ

システム構成 簡易気象観測
システム
3G通信を使用した
クラウドシステム
LAN通信を使用した
データ転送システム
SDメモリへの
データ保存システム
データ取得方法 簡易気象観測装置(SenSu-1501)から、USBケーブルで直接表示パソコンに取得 端末~サーバ間:専用回線
サーバ~ユーザパソコン(スマートフォン):インターネット回線
インターネット回線 SenSu-20F4のSDメモリに保存されたデータを手動で取得
データ取得の
単位時間
16秒毎 1分、10分、30分、1時間毎
※購入時に指定いただきます。
最短20秒毎 任意に設定可能 最短20秒毎 任意に設定可能
データ表示方法 専用PCアプリを使用してリアルタイムにデータのみを表示 みまわり伝書鳩アプリ(Webブラウザ)からデータを閲覧
※過去データ、一覧表示グラフ表示など
みまわり伝書鳩について
なし
※データ表示にはエクセルソフトなどをご利用ください。
なし
※データ表示にはエクセルソフトなどをご利用ください。
データ保存方法 接続されているパソコンの指定メモリにデータを保存 契約クラウドサーバに1年間分のデータを保存。任意で自分のパソコンにデータをダウンロード可能 接続されているパソコンの指定メモリにデータを保存
※受信、保存するプログラムが必要です。
SenSu-20F4のSDメモリにデータを保存
※一回のデータは150byte程度です。
製品最小構成 SenSu-1501
SenSu-9221
SenSu-1501
SenSu-23F4
SenSu-8000(電源)
みまわり伝書鳩 通信・サーバ契約
SenSu-1501
SenSu-21F4
SenSu-8000(電源)
SenSu-1501
SenSu-20F4
SenSu-8000(電源)
備考(用途) パソコンの知識(COM通信設定)があれば、一般のお客様がそのままご利用いただけます。 パソコンの知識(webアプリ)があれば、一般のお客様がそのままご利用いただけます。 パソコンの知識があり、CSVデータ処理ができるかた、主にシステム構築者、データサーバ管理者向けのシステムです。 パソコンの知識があり、CSVデータ処理ができるかた、主にパソコンのアプリケーション開発者向けのシステムです。

画像データ

システム構成 簡易気象観測
システム
3G通信を使用した
クラウドシステム
LAN通信を使用した
データ転送システム
SDメモリへの
データ保存システム
データ取得方法 画像機能なし 端末~サーバ間 専用回線
サーバ~ユーザPC、スマートフォン インターネット回線
インターネット回線を使用 画像保存機能なし
データ取得の
単位時間
10分、30分、1時間毎
(購入時に指定)
最短5分毎 任意に設定可能
データ表示方法 みまわり伝書鳩アプリ(Webブラウザ)からデータを閲覧。
過去データ(一覧表示)も閲覧可能。
なし
データ保存方法 契約クラウドサーバに1ヶ月分の画像を保存。任意で自分のパソコンにダウンロード可能。 接続されているパソコンの指定メモリにデータを保存
※受信、保存するプログラムが必要です。
製品最小構成 SenSu-5000(カメラ)
SenSu-23F4
SenSu-8000(電源)
みまわり伝書鳩 通信・サーバ契約
SenSu-5000(カメラ)
SenSu-21F4
SenSu-8000(電源)
備考(用途) パソコンの知識(webアプリ)があれば、一般のお客様がそのままご利用いただけます。 パソコンの知識があり、CSVデータ処理ができるかた、主にシステム構築者、データサーバ管理者向けのシステムです。
このページのトップへ