CSR経営方針

経営理念

新しい価値の創造

私たちは3つの価値を創造します。

1. 仕組を創ります。

2. 笑顔を創ります。

3. 人材を創ります。


企業使命

情報通信技術を活用し、便利で快適な社会を創る。


行動指針

  1. 組込み開発で培った技術と知恵をフル活用します。
  2. 失敗を恐れず、常にチャレンジし続けます。
  3. 今まで無かったモノ、コトを生み出します。
  4. 責任を持って仕事を楽しみます。
  5. 個として自立し、社会に役立ちます。

コーポレートガバナンス

データテクノロジーは、様々なステークホルダーとの間で公正かつ良好な関係を構築することにより、適正かつ効率的な業務執行を確保することができるよう、意思決定の透明性を高めるとともに、監視・監督機能が適切に組み込まれたコーポレートガバナンス体制を構築します。

コーポレートガバナンス

2015年1月1日現在、当社の取締役会は5名の取締役(内、社外取締役は1名)により構成されており、経営上の重要事項について意思決定を行うとともに、取締役の職務執行を監督しています。
当社は、2014年12月よりビジネスパートナーの社外取締役を1名選任しています。社外取締役は、その客観的・中立的な立場から、社内取締役に対する監視・監督機能と多様な視点に基づく経営助言機能を適切に発揮することにより、取締役会による経営監督の実効性と意思決定の透明性の確保・向上に寄与しています。また、社長及び取締役会による適切かつ機動的な意思決定を遂行することを目的として経営会議を設置して、重要事項の協議を行い、迅速なビジネス判断が行える仕組みも構築し、運営しています。


コンプライアンス規範

データテクノロジーは、企業人として社会的責任を全うするために、常に遵法精神を大切にし、以下の規範に則って事業活動を展開します。

  1. 常にお客様の視点に立ち、謙虚な姿勢を失わず、誠実に事業活動を行います。
  2. 法令や社内ルールに則り、適切かつ説明可能な根拠に基づいて、意思決定を行います。
  3. 法令等の趣旨を理解し、これに反するような取引や不正な取引を行いません。
  4. 反社会的勢力および団体とトラブル等が発生した場合は、断固として立ち向かいます。
  5. 社内の情報セキュリティ規定書に基づき重要情報や、お客様の個人情報・取引先の情報等の守秘すべき情報を保護します。
  6. 人権を尊重し人材の育成に努め、差別や嫌がらせのない職場環境の構築に努めます。
  7. 環境問題の重要性を強く認識し、環境への負荷低減に配慮した企業活動を行います。

環境経営方針

理念

データテクノロジーは、お客様が優れた商品を開発、生産するために、有益な情報通信技術を提供することで、環境負荷の低減に貢献していきます。

この理念の実現を図るため、「環境経営方針」を定め、経営の指針とする。

  1. 製品の開発、生産、流通、廃棄、並びにサービスの開発、提供など、各段階における環境負荷を低減する。
  2. 業務プロセスのムリ・ムダ・ムラを排除し環境経営を推進する。
  3. 環境規則を遵守することにとどまらず、必要に応じて自主基準を策定して環境保全に努める。
  4. 全社員の環境問題に対する意識向上を図るとともに、環境保全活動や地域・社会貢献活動への参加を支援する。
  5. 環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。


人材・人権方針

理念

データテクノロジーは、「従業員は貴重な財産である」という考え方に基づき、従業員が活き活きと働くことができる環境づくりに取り組むとともに、一人ひとりが自分の長所を伸ばし、技術力や仕事力を成長させていくことを支援する様々な機会を提供します。


人材に関する基本方針

  1. 新しい技術を探求し活かせる職場づくりに努めます。
  2. 自ら手をあげ挑戦する人を応援します。
  3. 自らが学び、成長する風土づくりや成果に対する評価の納得性・公平性を高めます。
  4. 従業員の健康増進や円滑なコミュニケーションが図れる職場づくりを推進します。
  5. 従業員の個性や長所を尊重し、社会に役立てる環境を提供します。

人権に関する基本方針

  1. あらゆる企業活動において、人種や国籍、性別、出身、社会的身分、信条、宗教、身体的特徴などを理由とした差別や人権侵害を行いません。
  2. セクシャルハラスメント(性的嫌がらせ、性的嫌がらせと誤解を招く行為)など人格を傷つける行為は一切行いません。
  3. 各国・地域の最低年齢法を遵守し、児童労働は行いません。また、すべての企業活動において、いかなる形態の強制労働も行いません。
  4. 各国・地域の法律及び習慣に従った労働者の団結権、団体交渉の権利など、労働基本権を尊重し、これを侵害しません。

このページのトップへ