プレスリリース

データテクノロジーと図研エルミックがミドルウェア製品の販売で提携

2010 6 14

データテクノロジー株式会社

FATファイルシステムの販売について~

 

データテクノロジー株式会社(本社:東京都立川市/代表 取締役:渡邊和彦、以下データテクノロジー)と図研エルミック株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:安藤貴三男 以下、図研エルミック)は、データテクノロジーが開発したFATファイルシステム「Cente FileSystem」、SDメモリカードドライバ「Cente SD Card Driver」、NANDフラッシュドライバ「Cente NAND Flash Driver」を図研エルミックが販売することに合意し、6 1 日より販売を開始しました。

 

◆販売力の強化

データテクノロジーは、今回の提携により「Cente FileSystemシリーズ」の強力な販売チャンネルを得ることになります。「Cente FileSystem」の高い移植性を活かし、図研エルミック社のプロトコルミドルウェア群、「KASAGOシリーズ」、「Ze-PROシリーズ」のユーザーにも「Cente FileSystem」をご利用いただくことで拡販を目指します。

図研エルミックは、KASOGO”FTP”オプション、Ze-PRO “HTTPd””SMTP/POP3”オプションのユーザーにファイルシステムを一括して提供し、さらに必要なインターフェースの開発やカスタマイズを提供することにより、ユーザーの利便性を高めます。

 

FATファイルシステム「Cente FileSystem」について

Cente FileSystem」は、μITRON環境で標準的に使用されているスタンダードなPC互換のFATファイルシステムです。μITRON仕様に準拠したRTOS上で、またRTOSの無い環境でも使用可能なコンパクトなファイルシステムモジュールとして、今までに500ライセンス以上の出荷実績があります。対応しているFAT型式はFAT121632VFATで、各種ストレージデバイス上に構築されたFATファイルシステムにAPIレベルでアクセスできるインターフェースを有します。また、組込みに特化しているため、システム依存部と非依存部を完璧に分離させ移植を高めることと、各種API毎に、速度向上/信頼性向上機能、および組込サイズをカスタマイズすることが可能です。特にFA分野の製品で採用実績が多く、また近年はセキュリティ分野への採用実績が同程度あり、高信頼なシステムを短期間に開発することが可能です。

 

◆データテクノロジーについて

データテクノロジー株式会社は1993 9 月にマイクロコンピュータ組込みシステムの開発環境を提供する目的で 設立されました。自社開発ブランドであるμITRON 対応ミドルウェア「Cente」 を中心に、組込み開発で必要とされるハードウェア、ソフトウェア、開発ツール等、開発者ニーズに合った開発環境を提供と、データテクノロジーが持つ技術・ノウハウ等の提供を行う、組込みシステム開発のトータルソリューションカンパニーとして事業展開をしています。

190-0022 東京都立川市錦町1-6-6 岩崎錦町ビル6F
TEL042-523-1177 FAX042-523-7070
データテクノロジー株式会社 http://www.datec.co.jp/profile/
組込開発ブランドCente     http://www.cente.jp/

 

◆図研エルミックについて

1977 年に総合システムハウスとして発足。組込みシステム分野においてRTOS や通信関連ミドルウェアおけるソリューションを展開。2009年に(株)図研から同社のSoC 事業を承継し、新たにLSI 開発ソリューションを取得。各種アプリケーションの開発現場をソフトウェアとハードウェアの両面から、広く強力にサポートしてまいります。

222-8505 横浜市港北区新横浜三丁目11 図研新横浜ビル2
TEL: 045-624-8111 FAX: 045-470-3018
http://www.elwsc.co.jp/

 

<本リリースに関するお問い合わせ先>

データテクノロジー株式会社
Cente 事業部 担当井出
TEL042-523-1177  FAX042-523-7070
E-mail:sales@datec.co.jp

 

図研エルミック株式会社
マーケティング本部 担当川合
TEL: 045-624-8002  FAX: 045-470-3018
E-mailpress@elwsc.co.jp